2016年07月05日

Anova Precision Cookerでローストビーフ作った

先日Anovaを購入して電源を入れましたがwifiを認識せず断念。

その後セッティングが出来たので今回ローストビーフを作ってみました。

 塊肉で250gくらい。

塩胡椒せずにZiplocへ 。

水に入れて極力空気を抜く。

 鍋に温かめのお湯を入れてAnovaを入れてPre-heatingします。
IMG_0205IMG_0208















設定は55度2時間半で。

温度が定温になったらブザーで教えてくれます。

その後肉を投入。
IMG_0212IMG_0213








水面が揺れていると思いますがこれはAnovaの中にスクリューが付いていて水を攪拌してくれます。

IMG_0214IMG_0215















かなり時間が掛かりそうなので途中で設定を変更。

61度2時間へ。

これも意外と早く温度が上がってきます。

IMG_0220IMG_0221








IMG_0228















終了するとお知らせしてくれます。

IMG_0229











念のため肉の内部温度をチェック。

60度です。

IMG_0232IMG_0234








Ziplocから取り出し、塩胡椒をしてフライパンで表面を焼きます。

アルミフォイルに取り出しそのまま放置。
IMG_0235








その間に肉を焼いたフライパンでソースを作っておきます。

冷めてから切って頂きましょう。

私は一度冷蔵庫に入れて翌日頂きました。
IMG_0279








冷めている方が肉が締まって切りやすくなりますよ。

最近は全くオーブンを使わなくなりました。

お陰で洗い物が楽です。(^^)/

基本放置で良いので気楽ですよ〜。


 

hiro355gtb at 11:06コメント(2)家電  この記事をクリップ!

コメント一覧

1. Posted by GP   2016年07月05日 15:14
私にはこのまめさが無いからやはり無理だな。
おそらく買って一回使ってそのまま放置に成ってしまいそうな気がする。
ヒロさんの改めてすごさが垣間見えた気がします。
2. Posted by ひろ   2016年07月05日 17:18
マメじゃないですよ。
放置出来るので楽ですし。(^^)/

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

hiro355

Ferrari F355GTBを購入して早20年。その間のメンテ、改造などをHPで全てアップしています。参考になるかどうか分かりませんが何かの役に立てられればいいかと思います。ご質問等あればメールでどうぞ。ブログは日々の徒然を適当にアップしています。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ