2018年09月07日

355助手席ドア修理

先日、秘密倶楽部のツーリング時に助手席のドアが閉まりにくくなっていることを発見。

家に帰ってから確認すると普通に閉めても半ドアみたいな感じです。

その状態ではドアロックも効きません。

で、ドアが若干下がってきているのかな?と思い少し上に上げつつ閉めたら閉まりました。

ロックもOK。

その後に主治医へ連絡。

そしたら「ストライカーの不具合かも〜」とのこと。

なので先ほど主治医の所まで355を持って行きました。

纏めてストライカーとキャッチの点検をお願いしました。


と、ブログを書いていたら主治医からメッセージが。

「作業完了しております」だと。

もう酒飲んでるし・・・。^^;
 
明日以降かな・・・。^^; ^^; ^^; ^^;

hiro355gtb at 18:15コメント(2)Ferrari Repair  この記事をクリップ!

コメント一覧

1. Posted by ☆GP   2018年09月07日 20:31
車も年月が経ってくると彼方此方が人と同じで不具合が出てきますね。もうがたが可成り来ている自分が一番修理が必要と最近自覚しています。
2. Posted by ひろ   2018年09月07日 20:38
まさしくその通りでございます。
一番治さなきゃイカンのが自分だったり。(>_<。)
簡単にパーツ交換出来ると良いんですけどね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

hiro355

Ferrari F355GTBを購入して早20年。その間のメンテ、改造などをHPで全てアップしています。参考になるかどうか分かりませんが何かの役に立てられればいいかと思います。ご質問等あればメールでどうぞ。ブログは日々の徒然を適当にアップしています。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ